治療院の経営塾 早野塾 TOP > 卒業生の声 > 開業したての1人治療家がたった 1年で月商210万円を達成した 勝ち組塾の“決定的な違い”とは?

開業したての1人治療家がたった 1年で月商210万円を達成した 勝ち組塾の“決定的な違い”とは?

1年で月商210万円を達成
整骨院鍼灸院ひかり
関口 先生

都内で1人治療院を営む、整骨院鍼灸院ひかりの関口先生。

なんとこの先生は、開業して1年で月商が200万円を超えてしまったそうです。

既存のライバル治療院を差し置いてこのような月商を達成することが出来たのは何故だったのでしょうか?

ぶっちぎりの結果を出した関口先生にインタビューをしてきました。

開業資金の返済で生活はギリギリ。 分からないことだらけで不安ばかりでした。

入塾前の月商は80万円でした。

こう言うと、「元々売上があったじゃないか」とお思いになる先生もいらっしゃるかもしれませんが、実際は開業にかかった資金を毎月返済しなければならず、生活はギリギリでした。

先が見えないという不安もありましたね。

たとえ売上げられていても、それが何故なのか自分ではよく分からない。
このやり方であっているのか?そもそも今の売上が続くのか?


自分の中に経営の知識、基盤のようなものがなかったので、分からないことだらけでただ漠然とした不安に駆られていました。

患者さんの本音を聞き出せるテクニックで ファン患者さんがドンドン増えました!

まず、患者さんを好きになることについて教わりました。
患者さんの本音を聞き出せるようなテクニック、問診の仕方を教わったんですね。

塾に入る前は、患者さんを知ろうという気持ちが希薄だったように思います。

患者さんとのコミュニケーションをしっかりとっていなかったんです。
施術を行うにしても、ただ痛みをとりたいのか、生活を良くしてあげたいのか、どちらに目的を置くかで施術結果は変わってくると思いませんか?

患者さんの背景まで知ろうとしない限り、ベストな提案は出来ないと学びました。

これを意識し始めたら、嬉しいことにファン患者さんがどんどん増えていきましたね。

図を使って説明するだけで 10人中8人がリピーターになった

また、治療の説明法も教わりました。

専門家である私たちと違って、身体についてあまり詳しくない患者さんに言葉で説明するのって、結構難しくないですか?

なので、言葉ではなく資料を使って身体の状態を見せる方法が効果的だということを教えていただきました視覚的に分かりやすいのでより患者さんの理解が深まり、納得していただくことができるんです。

この方法を取り入れたことで、40%だったリピート率が80%までUPしました。

勝ち組塾では、“次に”何をすればいいのか すべて教えてもらえるから最短で結果が出せます

お陰様で、開業1年目にして月商が200万円を超えました。
最短で最高の結果を出すことができたのは早野先生の教え方が他と違うからです。

早野先生には、取り組む“タイミング”と“順番”が大切だということを教わりました。
経営について全て正しい順番で教えてくれるので、今何をすればいいのか、何が足りないのかよく理解でき、漠然とした不安が解消されました。

結果を出したいなら、絶対に入塾してください

塾に通ったことで、悩みを共有して励ましあい、切磋琢磨することの出来る仲間が増えました。1人で悩むのとみんなで悩むのとでは、正解にたどり着くスピードも大きく変わってくるんですね。

1人で治療院をやっていると、どうしても孤独な時間が多いため考えも凝り固まってしまいます。だからこそ、「相談できる仲間がいる」ということはこの塾で手にした大きな財産だと思いますね。

仲間が欲しいと思っている先生、ワンランク上の知識をインストールして、結果を出したいと思っている先生は、絶対に入塾するべきだと思います。